ブログやSNSの広告収入のキーとなるコンテンツ

1人でもブログやSNSで簡単に稼ごうと考えるかもしれませんが、実際には評判になるために、アクセス数を稼ぐために必要なのはなんといってもコンテンツです。そしてそのコンテンツを形作る中で必要になってくるのが静止画や動画になってくるでしょう。要するに静止画や動画のコンテンツの仕上がり次第によって収益も変わってくるのです。

昔はブログではテキスト文言がベースとなってユーザを引きつけるかどうかがポイントになっていました。しかしながら最近は極力読ませるテキストを減らして静止画や動画、特に最近では短い動画に焦点をおいてアクセスを稼げるようなポイントが強くなってきています。 

わかりやすいのがYouTubeでしょうか。YouTubeと言うプラットフォームでは動画がメインであり5分から10分のショートムービーを掲載することでユーザを引きつけ、アクセスを増やすことになっています。実際にその動画についても高度な機器を利用するのではなくスマートフォン、水準器、収音マイクといったどこでも購入できるような機器を利用して動画制作を行っています。だからこそ誰でもある程度のクオリティーを撮影できるので、問題は何よりもその企画内容になってきます。

そしてこれだけ多くのブログやSNSがありふれている以上、どれだけ差別化をすることができるか、どれだけ面白い企画が重要になってきます。また継続して面白いコンテンツを掲載しなければどうしてもユーザを囲い込むことができません。 

では、どのような動画を撮影すれば非常にポイントが高いのかを考えていきたいと思います。基本的に撮影時間は短い方が良いと思いますし、あまりプロが撮影するようなコンテンツよりもアマチュアではの面白さがあったことがよりウケが良いというのが実態です。

そして、テロップも簡単に入れることができるのですが、動画の面白さをかき消すようなテロップの入れ方をすると逆にマイナスに働いてしまうこともあります。あくまでも動画を補完する位のイメージでテロップを考えるべきだと思います。結果としてSNSやブログ、YouTubeのアクセスを上げることにつながり副業収入として十分なレベルに結びつくでしょう。
動画や静止画、これをうまく活用してこそ、インターネット上でユーザーをかこいこむことができることがわかれば、その企画にいかに注力すべきか、見えてくることになります。
副業としての活用もさらに有効になるわけです。

SNSでもご購読できます。